ちょこっと英語:自動詞と他動詞

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「自動詞と他動詞の見分け方ってどうすればいいんですか?」


「例えばどんな問題がありましたか?」


「She hasn’t (               ) to the letter.(彼女はまだ手紙の返事をしていない。)です。」
「カッコに入るのはrepliedとansweredのどっちですかね?」


「日本訳だけに頼ると難しいですね。カッコの後ろに注目してみましょう。」

 


動詞の後ろに名詞があるか確認。

 

ルール自体は明確です。
他動詞
後ろに名詞(目的語)が必要。
自動詞不必要です

したがって今回の質問の英文は
She hasn’t ( replied ) to the letter.
前置詞toが見えたので自動詞を使います。

第1~第5文型も
自動詞・他動詞によって決まります。
そのため動詞は自動詞or他動詞の
区別をして初めて意味をとりましょう

以下おまけです。

➀He called on his grandmother at seven.
彼は7時に祖母の家を訪れた

➁He called his grandmother at seven.
彼は7時に祖母に電話した

 

➀動詞の後ろに前置詞on自動詞
➁動詞の後ろに名詞(目的語)のhis grandmother他動詞

 

多くの動詞は自動詞・他動詞両方のはたらきを持ちます。
自動詞か他動詞で意味が大きく変わってしまうので、
和訳を取る上でも注意しなければなりませんね。

ちなみに何が自動詞で何が他動詞であるかを1つずつ丸暗記する必要はありませんが、
よくでる定番のlieとlayriseとraiseは知っていると役に立つでしょう。
また授業で紹介します!

ひとまずは、
他動詞の方が多い
というイメージで抑えておいてください。

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!


ちょこっと英語:
現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集 1月11日(土)よりご予約・手続き開始☆

☆新年度授業開始 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中☆

真備校086-441-4119

お問合せ
お電話