ちょこっと英語:seem to~とit seems that~

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「seemって使い方が色々あってよく分からないんですけど。英作ではどれを使えばいいんですか?」


「seem(s) to ~とかit seems that ~みたいなやつ?


「そうそれです。意味が変わんないんならどっちでもいいですよね?」


「確かに笑。まあseemの基本的な使い方を知っておくと何かの手掛かりになるかもしれないね。」

 


seem(s) to~は目の前の状況判断。

 

英作の際は「~のようだ。」という言葉だけを見てしまうと、seemだけでなくlookやlook likeもでてきてしまいます。使える使えないの判断はやはり文法力が無いと難しいと感じてしまいます。文法の力をつけていくためには単語の意味を知ることも大切ですが、その使い方を知っておくことがやはり大切です
では早速、

 

➀ Mike seems to be interested in astronomy.
訳) マイクは天文学に興味があるようです。
seem(s) to~の形は目の前の状況判断によって作られるものです。
例えばマイクが目の前で小惑星の話をしているなど、そういった状況から判断し作られる文章になります。
さらにこちらのほうが口語的でもあります。

 

➁ It seems that Mike is interested in astronomy.
訳) マイクは天文学に興味があるようです。
➁のIt seems that~の形は心の中で思ったことを判断の材料にして作られるものです。
つまり➀のようなマイクが目の前にいるという状況はなくてもよいのです。

 

この2文、和訳を見れば違いがありませんが使い方は少々違いましたよね。
使い分けの基準にしてもらえるとありがたいです。

 

おまけですが、➀から➁の書き換えは高校の定期では頻繁に出題されています。
一方で中学生が受ける高校入試の英長文にはバンバン出ていますね(注がついていることがほとんどですが)。
主に不定詞の付属単元で習うことになりますが、文章を作ったり読んだりする上ではとても重要な表現方法になります。
暗記だけに頼らず、「しっかりと考えて文章を作ることができるようになる」ことが理想的ですね。

それでは今日はここまで、また次回お会いしましょう!



ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集 1月11日(土)よりご予約・手続き開始☆

☆新年度授業開始 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中☆

真備校086-441-4119

お問合せ
お電話