卒啄の機

原田 茂喜
【立志靑凌校・玉島本校・笹沖校・総社校】高校部数学科 校舎長

原田 茂喜

RECOMMEND

私のオススメ

伊藤若冲 若冲蛙

無駄のないタッチ。独特の構図。緻密な筆使い。何より見る者の心をとらえて離さない迫力。不遇・貧乏・逆境などのイメージが強い芸術界では異色ですが,裕福な家庭で育った若冲の何が画家としての精神を支えたのか?

PROFILE

プロフィール

自己紹介・経歴等

県立玉島高校から岡山大学・理学部数学科を経て、同大大学院・自然科学研究科博士課程前期へ。NASA帰りの教授に可愛がっていただきました。数学以外にも物理学・哲学・心理学・社会学・教育学など多岐に受講し、卒業単位は通常の1.5倍くらいです(笑)。就職氷河期の中、NTTさんの最終面接に岡大からただ一人残りましたが大阪へは行かず、大手学習塾で十数年勤務。大阪・東京へ転勤を機に当塾へ。「数学は図学、数楽にするのも数が苦にするのもやり方次第」をモットーに指導に励んでいます。大学進学・大学院進学を志す生徒の一助になれば幸いです。

将来の夢は何ですか?

小学生の頃はプロ棋士(将棋)、中高は医師、大学では迷走しました。結局凡人ですが、その道で難しいとか無理とか言われているものに挑戦したい! 陶芸なら窯変天目とか、数学なら未解決問題とか、生物なら寄生虫とか……。いまだに毎日のように新種が発見されている昆虫の世界は魅力的ですね。一事が万事、何事も極めればすべてに通じるものがあるとよく言われますが、その域に到達してみたい。そこからの眺めを味わいたいですね。

好きな言葉と写真のエピソード

「啐啄の機(そったくのき)」「教育における機の大切さ」……過剰な教育サービスに一石を投じる禅の言葉! 雛鳥と母鳥が殻をつつく音「啐」と「啄」。この音がずれると孵化できず雛は死んでしまう。怖いですね~。〈写真のエピソード〉翁亀の花器を陶器でDIY! 私の結婚式に使いました。陶芸展では売ってほしいと相談されました(笑)。

無人島に行くなら何を持って行く?

「鍋」かな?とりあえず万能調理器。一日3リットルくらいは水分をとるし、毎食2人前は食べるし、飲食を絶たれると辛いので。砂浜に絵をかいたり、流木で家をつくったり、退屈することはなさそうなので。

生まれ変わるなら何になりたい?

「大樹」がいいです!千年の時を超えても尚、そこに存在する大樹。どの国でも昔から信仰の対象ですからね。教祖になりたいとかじゃなく、千年単位で生きることのできるものなら何でもよいのですが(笑)

お問合せ
お電話