大学入試説明会

2019.7.13(土)倉敷駅前校の教室。

大学入試説明会。

再来年入試に関心が集まっていました。

膨大な情報をA4一枚にまとめて発信致しました。

『帰って子どもと話します』

保護者様の笑顔で会は終了しました。

お忙しい中、またお足元の悪い中、このように大勢のご参加、誠にありがとうございます。

重ねて御礼申し上げます。

 

こちらも大盛況です。

例年より開催時期が遅れています!初回から席の確保をお願いします!

0120-66-4119

誠泉塾 立志靑凌校・倉敷駅前校

 

 

 

 

長続きする評価の基準(自分と向き合う)

あなたは『主役』ですか「脇役」ですか?

あなたは努力を『します』か「しません」か?

あなたの成績は『上がりました』か「下がりました」か?

 

すれば必ず『プラス』の努力に比べて、「下がる」かもしれない成績は厄介です。

「計画倒れ」や「三日坊主」など意欲の低下を招くからです。

でも大丈夫。

自分との付き合い方を知ればきっと克服できますよ。

 

自分を変える機会』なんて、実はどこにでもあるのです・・・気付きにくいだけで。

今がまさに『その時』。

この夏を機に『あなたが主人公の物語』をつくりませんか?

私たち誠泉塾のスタッフと!

 

誠泉塾から重要なお知らせ

◆夏期からの名物講座と新講座について

  社長の地理

  教授の国語

  ハイパー高1英語

◆夏期特別キャンペーンについて

  図書カードプレゼント

  7月学費無料

  夏期講習会費半額

詳しくは 0120-66-4119 までお電話ください

 

大学選び

 大学選びの基準は様々。

地理的状況、金銭状況、学力問題・・・・。

大学全入。

でも志望校未定。

そんな生徒たちがとても多い。

こんにちは、原田です。

 

 サイエンスマップをご存じだろうか?

文部科学省から5年単位で発表される面白い情報。

これによれば、今、世界の重要研究領域 895分野 

そのうち300分野で日本人研究者が先頭を走っている!

 藤田誠氏(東大)結晶スポンジ法

 安達千波矢氏(九大)有機エレクトロニクス

 伊丹健一郎氏(名大)カーボンナノリング

などなど。

 

 私にそんな偏差値の高い大学は無理という人もいるだろう(笑)

東大は13分野、京大は10分野・・・やはりすごい!そんななか、うどん県!

香川大学にも注目の1分野がある。

ぜひ調べてみてほしい。

調べればキラリと光る大学があることを知ってほしい。

国際やグローバル、医療など、名称だけで、

学力や偏差値、知名度といった狭い了見で、

大学を決めるのはもったいない。

 

 大学は最高学府。

だから、今回は「研究という視点」で大学選びを眺めてみた。

地域に根差したユニークな研究は必ずしも知識的学力(偏差値)を要求するのもではない。

勉強に疲れたら、探してみよう!

りたい自分を。

 

誠泉塾はそんな自分探しも応援しています!

0120-66-4119

まで

 

重要なお知らせ

地理・国語は夏期講習から開講します!

紹介キャンペーン中(双方1500円分図書カード)

 
 
 
 
 
 

教育改革は統計重視に向かうのか?

「統計学が最強の学問である」西内啓著

統計学をビジネスの視点から俯瞰した書物です。

少し難しいのですが、理解できるところだけ,興味のあるところだけ拾い読みするのもよいと思います。

なるほど「うさんくさいデータがたくさんあるな」と気付かされます。 

 

 統計学が復活する理由はさて置き,私たちは「入試に限って情報を提供する」わけですが,

そこに潜む「うさんくさいデータがたくさんある」のです。

たとえば,飛行機と自動車の安全性。

「飛行機が安全」という人は「移動距離単位」

「自動車が安全」という人は「利用頻度」

注目したデータが異なるから結果が違って当然なのです。

合格最低点が・・・だから・・・大丈夫(危ない)ですよね?」よくききます。

ねずみ講」と同じで「都合の良い数値だけで結果を判断する」ことに私は懐疑的です。

大学側からの採点基準が公開されていない以上,結果だけの発表では「うさんくささ」は払拭できませんから。

 

 入試という立場で申し上げれば「学力が必要」は当然ですが,

過去の入試データから少しでも有利になる情報を抽出する」「学力プラスアルファの提供

塾や予備校の重要な資質(つまり専門能力を要する仕事)だと考えています。

 

統計学をどう使えば正しい推測ができるのか、本書にはその答えが紹介されています。

ぜひ参考に。

 

                              誠泉塾 倉敷駅前校・立志靑凌校 校舎長 原田

0120-66-4119

地理・国語予約受付中!

 

 

数学は公式ではない「樹形図という発想」

公式を使うにはいくつもの条件を満たす必要があります。

そのために、皆さんは多くの場合分けを行うことでしょう!

だから難しいんですよね、数学は。

またまた、原田です。

 

左は一般的な解答(書き出しや条件付確率がめんどう)です。

右は私が試験場で解く(樹形図がかける)ならという設定です。 

樹形図 jyukeizu

樹形図がかけない(練習しないと案外難しい)とこの解法は採用できませんが、

公式より低用範囲は広く、習得もその気になれば簡単です!

1題十数分というセンター試験の時間制約の中でこそ効果絶大ですよ(笑)

ぜひ、一緒にレベルアップしましょう!楽しみにしています! 

 

 

0120-66-4119 までお気軽にお電話ください!

紹介キャンペーンも実施中!

1500円図書カード双方にプレゼント

地理・国語は定員間近

 

 

 

新テスト「表現力」を強化するには

前回に続き「教育改革」について取り上げます。

学習したことを表現する(たとえば友人に教えるなど)には何が必要なのでしょうか?

理系担当の原田です。

京大(文系)の問題で私見を述べたいと思います。用いる公式は余事象です。

では、

 

タイトルなし

 

上記の一般的な解答を理解して、別の問題でそれが表現できるか?

といえばきっと難しいでしょう!

 たとえベン図を利用していることは分かっても、それが使えるようになった訳ではありませんし、

いつベン図を利用するのか理解した訳でもありませんから。

解答に「・・・を数えると~通り」と書いてあっても、多くの場合「その数え方が分からないのです!

 ベン図、樹形図、直積表といった数え上げに便利な図を使えるように訓練することが重要なのであって、

解答を理解することが直接的な学習方法ではないのです。

 

私は「否定語や少なくとも、ダブリなどを感じたら、ベン図かな?」と疑います。

「最小値が1」とは「少なくとも1回は1の目がでる」こと指しています。

さらにサイコロの特徴を最大限利用します。

「2~6の目がでる」は考えやすいですが「何回かは3の目がでる」は難しいので・・・・

タイトルなし2

私は「ベン図は否定を用いた分割の図だ」と思っています。2つの集合によって4つの分割が発生します。

まず行うべきことは

①この4分割すべてに~通りを書き込む(求める部分は文字でおく)

②すべての合計が全体に一致する(これが式になる)

あとは色々な問題で①②の練習をすることです。

 

 表現するには概要をつかむ必要があります。細部にこだわらず全体像を把握し伝えるのです。

そのためには公式を覚えるというより、その前段階で

 ①直接数え困難さや公式を用いる困難さを感じること

そうすれば公式のありがたさや公式に頼らない考え方が身に付きます。

そして

 ②互いの弱点を補う訓練をすること

入試で求められる表現力は②の再現ですからね!

 

詳しくは授業にて。

 

紹介キャンペーン実施中!(図書カード1500円分双方へプレゼント)

地理・国語講座も予約受付中

まずは 0120-66-4119 までお電話を!

2020教育改革

知識偏重から表現重視へ

倉敷駅前校・立志靑凌校の原田です。

ビックデータの収集や活用をめぐって各国がしのぎを削る中、

次世代に必要とされる表現力育成に国として何ができるのか?

ひとつの回答が「2020教育改革」にあります。 

 

英語・論理(プログラミング)・統計処理」分野のテコ入れ

使える英語はイメージしやすい!

「読んで」「書いて」「聴いて」「話す」英語、つまり意思疎通できる英語ですね。

でも、使える数学ってイメージしにくい!

暗算がはやい?文章題が得意?

そんな中で一番わかりやすい(実感しやすい)分野が「統計処理」

集められた情報から有用な特性を発見する能力(統計学最強説を提唱される方も多い)が重要なことは冒頭にも触れました。

図表や資料の活用は統計学の真骨頂ですから!

 

壮大な話はともかく、今の私たちにできることは学校の課題をクリアしていくこと!

当面は中間対策です!

少しでも良い点を取れば、先々を見通す余裕もでてきます。

まずはテスト対策を体験してみましょう!!

 

 

倉敷駅前校・立志靑凌校 0120-66-4119 までお気軽にお電話ください!

社長の地理・教授の国語予約受付中 定員間近 お急ぎを!

 

 

 

 

 

ハイパー数学へのQ&A

誠泉塾 倉敷駅前校・立志靑凌校の原田です。

そろそろ各高校から大学実績が発表される頃ですね。頑張れば報われると申しますが、実際は難しいようです。

周りが遊んでいるときに自分が勉強となると継続するのが困難だからです。

第一志望に合格したいなら、少しでも良い環境に身を置きましょう!

さて、本日はハイパー系講座についてお話いたします。

たまたま先日お問い合わせがありましたので、それを例に進めて参ります。

 

 

高2ハイパー数学について転塾をお考えの保護者様とのQ&A

 

Q1)難しい問題を扱いますか?

A1)難しいと思います。私は良問であれば難易度に関係なく扱います。良問とは「見かけは難しくても解答をみれば容易に感じる問題です」易問から学ぶことはありません。厳選された出題の中にこそ学ぶべき多くの内容が含まれていると考えるからです。心配には及びません!扱う問題はすべて一流大学の入試問題ですが、解答は教科書レベルです。文系や数学に苦手意識のある生徒でもやる気があれば大丈夫です!

授業を受けている無口なIくんが「おぉー」と感動したくらいですから(笑)

 

Q2)数学は苦手なのですが大丈夫ですか?定期は真ん中くらいです。

A2)普通科に進学されているのであれば(基礎計算はできるという意味で)基本大丈夫だと考えています。

定期が真ん中なら実力はそれより下ですよね(笑)

数学の考え方や見方、問題演習の取り組み方などを学べばきっと変われる!私はそう思っています。

予習で成績は伸びませんし、丸暗記で入試は乗り越えられません。

勉強の方法が間違っているから成果につながっていないだけ。でも一定の勉強時間は必要ですよ(笑)

 

Q3)他塾や学校と何が違うのですか?

A3)切り口・考え方・視点などかなり異なっていると思います。

どんなに難しい問題を扱っても

「解答は原則、教科書の域をでない」「最小限の暗記で最大限の効果を得る」が私の信条ですから(笑)

最初は戸惑うかもしれません。

学校や他塾では暗記重視「これはこの公式に当てはめて・・・」「これは先週の解法で・・・」が多いので。

お子さんに質問して見られたらいいと思います。

  2次関数の公式って何個習った?

  確率は?図形は?整数は?

公式重視で勉強したにもかかわらず公式の数がでないとなると・・・

あまりしつこいと嫌われますね(笑)

 

 

百聞は一見に如かず!まずは体験を!

誠泉塾 0120-66-4119 までお気軽にお電話を!

神戸大学入学試験 数学的中

岡山大学に続いて,神戸大学でも的中です!

数学担当の原田です。

直前で3回にわたって演習した媒介変数の問題ですが、これは神戸に限らず頻出単元です。

的中して当たり前?(以下で過去問と比較されればお分かりいただけます)

まず第1問は日本で最も出題されている関数なので的中云々ではありません。問題は次に挙げる第5問2019神戸5神戸過去問

出題年の間隔が短くなっています(驚)から放置できませんね!

今年の「最優先問題」だった訳です!

入試は平等ではありません。

疑問符の付く合否(実力に比例しない結果)に毎年悩まされます・・・。

闇雲な対策や根性論の演習で「やった気分」「できた気分」にならないためにも、確率論的な演習を経験してみませんか?

最後に先輩からのメッセージを贈ります!

声

誠泉塾 倉敷駅前校・立志靑凌校 0120-66‐4119

私たち高校部教師は『社長の地理・教授の国語』をはじめとする多彩な講座設置により皆さんの現役合格を全力でサポートします!

 

岡山大学入試「数学的中」

「先生、出た!ビックリしたわ!」

大学入試前期試験(2019.2.25実施)を終えた生徒が立志靑凌校に寄ってくれました。

 岡山大学 理系数学 第4問(斜軸回転体の体積)的中

嬉しそうな生徒の声です!

立志靑凌校・倉敷駅前校の原田です。

毎年のことですが、予想が当たった旨の報告は嬉しいですね(笑)

問題

2019的中問題 

 

 年間の授業の「どこか」で扱った問題が的中することはよくあるのですが、

直前対策からの的中は凄いです!

岡山大学では2003年に一度斜軸回転が出題されているのですが、

難問だっただけに予想された方は少なかったはず。

そのような状況下で誠泉塾が的中させたのには理由があるのです!

   「百聞は一見にしかず」

 ぜひ、ご自身で確かめてください。

新年度、皆さんに会えるのを楽しみにしています。


★★★★★★★★★★ お知らせ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新年度生受付中
社長の地理・教授の国語は要予約!

 フリーダイヤル:0120-66-4119

 どうぞお気軽にお問い合わせください。

今後とも誠泉塾 立志靑凌校・倉敷駅前校をどうぞ宜しくお願い致します。


>>古い記事へ

お問合せ
お電話