ちょこっと英語:助動詞may

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「mayは~かもしれないって習ったんですけど、何か似たような意味の助動詞多くないですか?」


「推量を表す助動詞のことですか?」


「それです!musutは分かるけどwill,may,can,shouldの違いとかよく分かりません。」


「確かにややこしい分野ですね。まずはmayの基本を理解することから始めましょう。」

 


mayは上から目線

 

mayは「~してもよい」と許可を表します。
更に推量・祈願なども表すことができます。
今まではほぼ例文から丸暗記の状態できていることが多いのですが
やはり否定や過去の表し方を知ることが重要です。
まずはmayの使い方から見ていきましょう。

 

許可(かなり上から目線)
You may go now.
もう行ってもいいです。

許可+否定→不許可(普通はcan’tが多い)
You may not play soccer here.
ここでサッカーをすることは認めません。

許可+過去→表すことができない。

 

推量
It may sound strange.
それは変に聞こえるかもしれません。

推量+否定
She may not turn for the better.
彼女は快方に向かわないかもしれない。

推量+過去
He may have missed the train.
彼は電車に乗り遅れたのかもしれない。

 

上記のように許可と推量に分けて並べましたが、
それぞれの意味で書き方が変わってきますね。
ではおまけで推量を表す助動詞の一覧を確認していきましょう。

 

推量を表す助動詞(すべて現在の意味)で信頼度の高いものから並べていきます。

must(強い義務→確信)
will(意志→見通し)
would(弱い意志→弱い見通し)
should/ought to(義務→当然)
can(可能→可能性50:50の状態)
may(許可→ためらい)
might(弱い許可→弱いためらい)
could(弱い可能→弱い可能性)

この言い回しであればこの助動詞を使うといった相性のようなものは存在します。
詳しくはまた授業内でお伝えしますね。
それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~to不定詞と動名詞関係代名詞whoseto不定詞 副詞的用法助動詞must助動詞can助動詞will

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集中☆

☆新年度授業 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中 3月末まで☆

真備校086-441-4119 

自宅学習上手に出来ているかな?

みなさんこんにちは。総社校の尾藤です。

総社校に通う小学生~高校生のみなさん。学校が休校となっている”今”!

この時間を上手に活用できているかな??

 

中学生を例にとると、学校に行き1日6時間授業を受けた場合、

45分×6時間=270分=4時間30分の勉強をしています。

この4時間30分をお家で勉強・・・大変だ!!

 

そこで自分自身に問いただしてみよう!

勉強の計画きちんと出来ているかな?

⇒学校から出された宿題を行えば大丈夫だ!

 

でも少し立ち止まって考えてみよう!!

 

「自分の苦手な単元なかったかな?」 ⇒ 目をそらしたい部分だよね!?

でも”今”なら苦手をじっくり消化できる時間が作れる!!

”今”というチャンスを有効に使っていくのだ!

 

☆新年度に会える日を楽しみにしています☆

 

誠泉塾 総社校

☆入塾生募集中☆

☆体験授業実施中(体験授業のお問い合わせは下記をご確認下さい)☆

お問い合わせ:0866-31-6619 尾藤までご連絡下さい。

休校日:毎週木曜日、日曜日

フリーダイヤル:0120-66-4119

ちょこっと英語:助動詞will

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「willは未来形って習ったんですけど、未来なのに過去形ってどういうことですか?」


「どんな問題がありましたか?」


「He would be there.を和訳しなさいです。」


「wouldには過去を表すだけでなく他のはたらきもあります。まずはwillの基本的な使い方を見ていきましょう。」

 


willの根本は意志

 

willは「~するつもりです」と未来のことを表します。
更に依頼・勧誘・命令・指示なども表すことができます。
また、高校に入ると「~でしょう」と新しい意味も習います。
どうしてもこの意味に拘りがちですが
否定や過去の表し方を知ることが重要です。

 

意志
I will do my best.
全力を尽くします。

意志+否定→拒絶
He will not(won’t) stand up.
彼はどうしても立ち上がろうとしない。

意志+過去→過去の強い意志
I would do the work.
どうしてもその仕事をしようとした。

 

推量
He will be downstairs.
彼は下の階にいるでしょう。

❶’弱い推量
He would be downstairs.
彼は下の階にいるでしょう。

推量+否定→法則
Most students will not(won’t) like studying.
おおよそ学生というものは勉強を好まない。

推量+過去→will+have+過去分詞
will have told her the trueth.
私は彼女に真実を言ったでしょう。

 

上記のように意志と推量に分けて並べましたが、
それぞれの意味で書き方が変わってきますね。
ひとまず今回の質問は❶’の弱い推量で上手くいくでしょう。
詳しくはまた授業内で紹介します。

 

ここからはおまけです。
Will you tell me ~?という言い方よりも
Would you tell me ~ ?という言い方のほうが丁寧であると習っていると思います。

これはwill→過去形→wouldであるとガチガチに思っていると納得いかない言い回しです。

確かに過去の意味合いを出すときにもwouldは使いますが
たいていは現在のことについて意味を弱めたりしていることが多いのです。

上記のwill と wouldも現在と過去の違いではなく
意味を弱めるために使い分けています。

その結果、Would you tell me ~?の方が意味が弱まり丁寧な言い回しになっているということです。
では過去を表しているのか?それとも現在のことを意味を弱めて表しているのか?の識別は授業でお伝えしていきます。

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~to不定詞と動名詞関係代名詞whoseto不定詞 副詞的用法助動詞must助動詞can

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集中☆

☆新年度授業 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中 3月末まで☆

真備校086-441-4119 

ちょこっと英語:助動詞can

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「泳ぐことができたって何通りも書き方があるんですけど。」


「どんな書き方がありましたか?」


「➀I can have swum. ➁I could swim. ➂I was able to swim. ➃I was able to have swum.の4つです。」


「正解は1つですから細かい違いを見ていきましょう。」

 


canは可能・能力と可能性

 

canは「~できる」と可能・能力を表します。
また、高校に入ると「~の可能性がある」と新しい意味も習います。
どうしてもこの意味に拘りがちですが
否定や過去の表し方を知ることが重要です。

 

可能・能力
I can swim.
泳ぐことができます。

可能・能力+否定→不可能
You can not speak English.
あなたは英語を喋ることができません。

可能・能力+過去
We were able to pass the exam.
私たちはその試験に合格することができた。

 

可能性
He can tell a lie.
彼は嘘をつく可能性がある。

可能性+否定→推量否定
She can’t be ill.
彼女は病気のはずがない。

可能性+過去can+have+過去分詞
can have been asleep.
私は眠っていたはずだ。

 

上記のように可能・能力と可能性に分けて並べましたが、
それぞれの意味で書き方が変わってきますね。
ひとまず今回の質問は➂の形を使えば上手くいくでしょう。
詳しくはまた授業内で紹介します。

 

ここからはおまけです。
質問の➁I could swim.がなぜ不適切かといいますと
肯定文でのcouldは仮定法につながることが多いからです。
誤解を避けるためにもwas able toがベターです。

また、➃I was able to have swum.
既にbe動詞で過去を表しているのでわざわざ完了を作る意味がありません。

さらに➀I can have swum.は、
上でも紹介したように可能・能力の意味ではなく
過去の可能性の意味に変わってしまいます(私は泳いだはずだ)。
I could have swum.でもほぼ同等の意味になります。

ややこしい単元ですが少しずつ知識を増やしていきましょう。
それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~to不定詞と動名詞関係代名詞whoseto不定詞 副詞的用法助動詞must

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集中☆

☆新年度授業 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中 3月末まで☆

真備校086-441-4119

ちょこっと英語:助動詞must

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「mustの過去形ってあるんですか?」


「あるか無いかで言えばないですね。」


「じゃあ〇〇しなければならなかったってどう書けばいいんですか?」


「ではmustの細かい使い方を見ていきましょう。」

 


mustは義務と推定

 

mustは「~しなければならない」
かなり強い義務を表します。
また、高校に入ると「~に違いない」
新しく推定の意味も習います。
どうしてもこの意味に拘りがちですが
否定や過去の表し方を知ることが重要です。

 

強い義務
You must be quiet here.
ここでは静かにしなければいけません。

強い義務+否定→禁止
You must not drink.
(お酒を)飲んではいけない。

強い義務+過去→had to
We had to walk all the way to the station.
駅まで歩かなければならなかった。

 

推定
He must be old.
彼はとても高齢に違いない。

推定+否定→cannot
She can’t be ill.
彼女は病気のはずがない。

推定+過去→must+have+過去分詞
I must have been asleep.
私は眠っていたに違いない。

 

上記のように義務と推定に分けて並べましたが、
書き方によっては他の助動詞も必要になりますね。
ひとまず今回の質問は➂の形を使えば上手くいくでしょう。
詳しくはまた授業内で紹介しましょう。

 

 

ここからはおまけです。
助動詞には多くの意味がありすべてを暗記しないといけないのかという質問をよく受けます。
確かに知っていて損はありませんが、日本語(和訳)をベースに暗記することは情報量が多くなりすぎるのであまりお勧めしません。
まずは以下の2つを知っていれば良いと個人的には思っています。

助動詞の過去形という概念を捨てる。
助動詞も動詞のように変化していると感じていると思わぬところで足元をすくわれます。
もし、can→過去形に変化して→couldと覚えているのであれば間違いです。
canとcouldは別モノで別の意味を表す助動詞です。

助動詞+完了は過去の推量の意味を表す。
will,can,must,may,should,would,could,mightなどの助動詞は後ろで完了を作るとほぼ過去の推量の意味を表します。
仮定法ではおなじみの書き方です。これをおさえておけば闇雲に日本語訳ばかり覚えなくても良いと思います。

 

さて、今はコロナウイルスの影響で学校もお休みになり
みなさんは自宅で過ごす時間が普段よりも随分と多いと思います。
こういったときには日頃忙しくてできないことをするのも
有意義な時間の使い方の一つであると思います。
個人的には良質な本を読み知識を深めることをお勧めしますよ。

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~to不定詞と動名詞関係代名詞whoseto不定詞 副詞的用法

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集中☆

☆新年度授業 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中 3月末まで☆

真備校086-441-4119

ちょこっと英語:to不定詞 副詞的用法

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「副詞的用法の識別ってどうやるんですか?」


「今はどうやって解いてますか?」


「頑張って文型分けをしていきました!」


「”何用法”かの識別には良いと思いますが、副詞的用法の識別にはもう少し踏み込んであげたほうが良いですよ!」

 


まずは基本で3つのto

 

to不定詞は後ろに動詞の原形がセットになり
かたまりとして名詞形容詞副詞のいずれかのはたらきをします。

副詞としてはたらいていればほぼ
前にある(直前とは限りません)動詞を修飾します。
ではさっそく細かく見ていきましょう。

 

目的
( in order ) to
+ 動詞の原形目的(強調)
I had to shout ( in order ) to make myself heard.
私は自分の言うことを聞いてもらうために大声を出さなければならなかった。

 so as  to + 動詞の原形:目的(結果)
The people stood up so as to see the parade.
人々はパレードが見えるように立ち上がった。

 

結果
to + be : 成長
He grew up to be a famous doctor.
彼は成長して有名な医者になった。

only to + 動詞の原形 : よくない結果
I hurried to the station, only to miss the train.
私は駅まで急いだが、結局列車に乗り遅れてしまった。

 

原因・理由
to
+ 動詞の原形 : 感情の原因
I am relieved to hear that.
私はそれを聞いてほっとしました。

 

➀~➂の識別では和訳に頼ることも多々ありますが
➁➂はパターン化している傾向が強いですね。
またこの他にも判断根拠・条件・感嘆願望を表すこともができますが
詳しくは授業内で紹介しましょう。

 

 

おまけでto不定詞の形容詞・副詞を修飾する用法です。

enough to ~ / too … to ~ / so … as to ~

➀You are old enough to know better.
あなたはもう分別のついていい年頃だ。

➁This book is too difficult for me to read.
この本は私には難しすぎて読めない。

➂He was so kind as to drive me to the station.
彼は親切にも私を駅まで送ってくれた。

いずれも慣用表現や構文のような形で紹介されていますが
これらは形容詞・副詞の程度を限定ます。
特に➀⇔➂の関係は書き換えでもよく見ますので
使い方とその意味をおさえておきましょう。

 

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~to不定詞と動名詞関係代名詞whose

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集 1月11日(土)よりご予約・手続き開始☆

☆新年度授業開始 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中 3月末まで☆

真備校086-441-4119

学年最後のテストが始まるよ!

みなさん、こんにちは。誠泉塾 総社校の尾藤です。

いよいよ学年最後の定期考査が始まります。テストが始まる前日にバタバタしないように

きちんと計画して宿題や復習を終わらせているでしょうか?

私も宿題に追われ復習する時間が取れなかった経験をしました。

だからこそ!!!!みなさんには、同じ事を味わってほしくないのです!

既に経験した人いるかと思います。

学年末考査は範囲も多く、覚えるべき内容もたくさんあるかと思います。

残り日数をきちんと計画して取り組んでください。

 

ここからは、お知らせです。

中学1・2年生は、学年末考査に向けて”集中勉強会”を実施します!

日程は下記の通りです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【中学部】

2月24日(月) 対象中学校:総社中、総社東中、総社西中、高松中 

中学1年生:文系(12:30~14:30) 理系(14:45~16:45)

中学2年生:理系(12:30~14:30) 文系(14:45~16:45)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

集中勉強会に参加したいという方は、是非ご連絡下さい。お待ちしております。

 

誠泉塾 総社校

☆入塾生募集中☆(2月末までご入塾頂いた方には、入塾金無料!お急ぎください!)

☆体験授業実施中(体験授業のお問い合わせは下記をご確認下さい)☆

総社校:0866-31-6619(毎週木曜日と日曜日を除いて開講中)

フリーダイヤル:0120-66-4119

ちょこっと英語:関係代名詞 whose

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「関係代名詞whoseの使い方がよく分からないんですけど。」

「例えばどういった問題ですか?」


「Hand me the book (             ) cover is frayed.です。」
「答えはwhoseだったんですが、カッコの後ろで欠けているものが何も無いので何か別のものかと思ったんです・・・。」


「カッコの後ろで欠けているものに注目しているのは正解ですよ。もうひと手間加えれば関係代名詞の識別は完成です。」

 


結果 : whose+名詞になる。

 

関係代名詞はふつう先行詞の後ろで使います。
質問のようなタイプの問題では、
先行詞に注目⇒関係代名詞の後ろ
何が無いに注目します。

しかし、所有格の場合はうまくいかないときがあるのでひと手間加えましょう。

 

関係代名詞の後ろ
⇒ぱっと見完全文名詞が並ぶ
所有格whose

➀I have a friend (              ) father is a pro golfer.
⇒I have a friend whose father is a pro golfer.
(私は父親がプロゴルファーの友人がいます。)

 

関係代名詞の後ろ
⇒動詞の目的語が無い名詞が並ぶ
※所有格whose

➁This is a pen (                ) color I like very much.
⇒This is a pen whose color I like very much.
(これは私がとても好きな色のペンです。)

 

そのため今回の質問は➀のパターン。
whoseを使った場合は先行詞がヒトかモノかの区別はしなくても大丈夫です。
以下おまけです。

 


関係代名詞whoseの単元ではof+whichでの書き換えも習います。
でも普段はあまり使われませんね…。
また、先行詞と関係代名詞の位置が離れてしまいます。

Hand me the book whose cover is frayed.

⇒Hand me the book the cover of which is frayed.

書き換えはこれで完成。
理屈は以下になります。

my cover ⇔ the cover of mine

意味は変わりませんよね。まどろっこしいですが原理は同じです。
なお、定冠詞のtheは必要になるのでお忘れなく。

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~to不定詞と動名詞

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集 1月11日(土)よりご予約・手続き開始☆

☆新年度授業開始 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中☆

真備校086-441-4119

ちょこっと英語:to不定詞と動名詞

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「to不定詞⇔動名詞の書き換えを習ったんですが違いとかってあるんですか?」

「少し細かいんですが使い分けはありますよ。」
「➀To play baseball is interesting. ➁Playing baseball is interesting.どうですか?」


「①は『テニスをすることは興味深いです。』で、➁は『テニスをするということは興味深いです。』かな?」


「なるほど頑張ってみましたね。では細かい違いを伝えます。」

 


to不定詞は未来的・動名詞は過去的。

 

前置詞の「to」は日本語で「に」や「へ」をあてるような訳をとっています。
しかし本来は前置詞toには→(矢印)の役割があって、方向性を示します

不定詞にも「to」がありますが前置詞の名残があり
後ろに並ぶ原形にも方向性を持たせます
その方向性が未来に向かっているということです。

 

To play baseball is interesting.
野球(をこれからするという行為自体)に興味がある。

Playing baseball is interesting.
野球(をしたという過去の経験から)に興味がある。

 

細かすぎでうんざりするかもしれませんが、動詞の目的語に
「to不定詞」と「動名詞」のどちらがくるのか
悩んだ時には役に立つと思いますよ。

 


以下おまけです。
動詞の目的語の位置にto不定詞がとれない他動詞があります。
有名どころですが

「megafeps dapam c(メガフェプスダッパムシー)」
mind/enjoy/give up/
avoid/finish/escape/postpone/suggest/
deny/admit/practice/advise/miss/
consider/

誤解の無いようにしておきますが、上の他動詞の目的語の位置には
「to不定詞」がとれないというもので、「動名詞」しかとれないということはありません。
目的語の位置に人やthat節がとれるものもありますのでご注意を

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集 1月11日(土)よりご予約・手続き開始☆

☆新年度授業開始 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中☆

真備校086-441-4119

ちょこっと英語:自動詞と他動詞

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「自動詞と他動詞の見分け方ってどうすればいいんですか?」


「例えばどんな問題がありましたか?」


「She hasn’t (               ) to the letter.(彼女はまだ手紙の返事をしていない。)です。」
「カッコに入るのはrepliedとansweredのどっちですかね?」


「日本訳だけに頼ると難しいですね。カッコの後ろに注目してみましょう。」

 


動詞の後ろに名詞があるか確認。

 

ルール自体は明確です。
他動詞
後ろに名詞(目的語)が必要。
自動詞不必要です

したがって今回の質問の英文は
She hasn’t ( replied ) to the letter.
前置詞toが見えたので自動詞を使います。

第1~第5文型も
自動詞・他動詞によって決まります。
そのため動詞は自動詞or他動詞の
区別をして初めて意味をとりましょう

以下おまけです。

➀He called on his grandmother at seven.
彼は7時に祖母の家を訪れた

➁He called his grandmother at seven.
彼は7時に祖母に電話した

 

➀動詞の後ろに前置詞on自動詞
➁動詞の後ろに名詞(目的語)のhis grandmother他動詞

 

多くの動詞は自動詞・他動詞両方のはたらきを持ちます。
自動詞か他動詞で意味が大きく変わってしまうので、
和訳を取る上でも注意しなければなりませんね。

ちなみに何が自動詞で何が他動詞であるかを1つずつ丸暗記する必要はありませんが、
よくでる定番のlieとlayriseとraiseは知っていると役に立つでしょう。
また授業で紹介します!

ひとまずは、
他動詞の方が多い
というイメージで抑えておいてください。

それでは今日はここまでです、また次回お会いしましょう!


ちょこっと英語:
現在分詞Ving過去形と過去分詞原形と現在形原級as~asbutとhowever最上級から比較級it~thatを使った強調構文seem to~とit seems that~

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆新年度塾生募集 1月11日(土)よりご予約・手続き開始☆

☆新年度授業開始 3月23日(月)より新学年授業開講☆

☆新中1中学進学準備クラス 2月1日(土)より開講☆

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中☆

真備校086-441-4119


>>古い記事へ

お問合せ
お電話