ちょこっと英語:原形と現在形

こんにちは、誠泉塾の吉村です。
今回も中学・高校英語でよくある生徒さんからの質問を対話形式でご紹介していきます。

 


「助動詞の後ろで原形を使うって習ったんですけど、現在形と何が違うんですか?」


「例えばどんなのかな?」


「I can speak English.とI speak English.みたいなのです。」


「確かに見た目は同じだね。ただ、並んでいる位置が少し違うのが分かるかな?」

 


原形と現在形は別物。

 

英語の動詞には1つの原形という形があります。
そこから現在形や過去形が作られていると考えるといいでしょう。

では早速、

 

原形 speak + 現在の事実
 現在形 speak , speaks

➁原形 be + 現在の事実
 
現在形 is , am , are

 

マーカーをつけている部分は見た目が全く同じです。
そのため現在形と原形の区別は並んでいる位置で判断していきます

※主語の後ろ⇒現在形
※助動詞やto不定詞の後ろ⇒原形

三単現のときは動詞にsをつけると習っているでしょうから、動詞にsがついていれば間違いなく現在形を表しています。

 


おまけですが、過去形と過去分詞も見た目が同じものが多いですね。
これらも並ぶ位置で判断していくのですがはらたきが大きく違うので注意が必要です。

それでは今日はここまで!また次回お会いしましょう!

 


ちょこっと英語:現在分詞Ving過去形と過去分詞

 

 

真備地区・矢掛地区の進学塾は誠泉塾真備校!

☆無料体験授業 随時実施中☆

☆友人紹介キャンペーン実施中☆

真備校086-441-4119

お問合せ
お電話